注目度が高まっているのはなぜ

園児と先生

宇都宮では若い世帯も多く、子育てに関するサービスなどの必要性は高いものとなっています。このような宇都宮の状況から、最近特に注目されているのが放課後等デイサービスというものです。小学生などが放課後に過ごす場所としては、学童保育などがあります。しかし、障害を持っている子供は利用しづらいということがあります。障害によっては通常の習い事なども適応できないことも多く、放課後の時間をどのように活用していくのかということが課題となっているのです。障害があるからこそなおさら、いろいろなことにチャレンジし、多くの人とふれあって成長していく時間や環境をより多く作っていくという事は必要な事と言えます。そこで注目されているのが放課後等デイサービスというものです。放課後に障害のある子供を預かり、適切なケアや指導を行っていく形のものです。施設によって、習い事のような形を重視する物や、介護ケアを重視するもの、生活指導などを中心とするものなど様々です。どれを選ぶかで充実度や相性が変わってきますから、どのような形を求めるかによって施設選びをしていくことが必要になります。そのためには様々な放課後等デイサービスがあることが必要です。これから多くの施設が出来てきて、いろいろな特徴がある中から選んで利用できるようになると、子供たちの健やかな成長へとつなげやすくなるでしょう。

子ども自身と家族にメリットが

子ども

宇都宮でも何らかの障害を持っているお子さんは多いものです。一般的な学童保育に入ることが難しいとなると、放課後は家で過ごしていることがほとんどということになってしまいますが、それでは多くの体験や経験をすることが難しくなってしまいます。親が提供できる体験や環境というものも限られていますから、その点を助けるという意味で、放課後等デイサービスがあるという事は子供の療育にも役立ってくれるものです。また、障害によっては親の負担が非常に大きくなりがちということがあります。放課後の長時間を親子だけで過ごしていることで、親が気を休める時間が無くなってしまいます。親が働いている場合にやりくりなどが難しくなることもあるでしょう。障害が無ければ必要ない世話や意識のむけ方が必要になってくるので、負担感は大きくなるのです。そういったことも放課後等デイサービスの利用によってカバーすることが出来るようになるので、大きなメリットがあるといえます。

広告募集中